PCエキスパート松戸パソコン修理センター「Let’s note CF-W2のSSD換装はうちしかできない。」と言っているらしい。笑


【タグ】  

PCエキスパート松戸パソコン修理センター「Let’s note CF-W2のSSD換装はうちしかできない。」と言っているらしい。笑

 お客様からLet’s note CF-W2のSSD換装についてご相談を受けました。正直なお客さんで、当社の前に「PCエキスパート松戸パソコン修理センター」さんに問い合わせされたとのことでした。こちらの会社は以前から、色々と頑張っているなーと思っていました。

 ところがお客様曰く、PCエキスパート松戸パソコン修理センターから
Let’s note CF-W2のSSD換装はうちしかできない。
と言われたとのこと。それで、
「御社でLet’s note CF-W2のSSD換装がてきますか?」
と聞かれてしまいました。笑

 PCエキスパート松戸パソコン修理センターさん。。。すっかりお鼻が伸びているようで。笑

 実際、PCエキスパート松戸パソコン修理センターのお客様からは、何台もLet’s noteのSSDの再換装の依頼を受けています。こちらの会社、よくTranscendのSLCタイプのSSDを使っていますが、これがよく壊れています。また、お客様が緊急で困っているのにお休みが多い様で、保証期間内にも関わらず、当社にお持込みされています

 Transcend製SSDは、SSDの出始めの頃には一世を風靡した製品でした。しかしMLCはプチフリが起こり、SLCは故障が多い。初期の頃の製品なので回路設計もパーツも弱いのは仕方がありません。しかし今のように優秀な新しいSSDが出てきた後には、Transcend製SSDを選択する理由はありません。当社の目と鼻の先にトランセンドジャパンがあり、不良が出た際にもすぐに持ち込めますが、お客様のデータロスを考えるならば採用できない製品です

 それからSLCタイプのSSDについて、SLCはMLCより消耗しにくいから長持ちすると思い込んでいる人が多いですが、それは理論上の話です。実際、故障したSSDを見ますと、メモリーが消耗する前にコントローラー等の他のパーツが壊れていることがほとんどです。また最近のMLCはかなり進歩し、耐久性もかなり向上し、十分、ノートパソコンの実用に耐えうるレベルに達しています。その証拠に大手ノートパソコンメーカーがMLCタイプのSSDを採用しています。

 SLCだから速いというのもまた違います。最近のMLCはかなり速くなっています。それよりも実際は、SSDの性能よりもPCのディスクコントローラーの性能がボトルネックとなり、SSDの速度をフルに引き出せないケースがほとんどです。速さにSLCもMLCも関係ないと言って過言ではありません。

 次にご自慢のPhotofast製品。。。最近、Photofast Japan社がなくなりましたが、当社はIDEタイプのPhotofast製品の使用は極力控えています。最新のPhotofastのIDEのタイプのSSDはeastwhoというとても調整の難しいコントローラーを採用しています。ファームウェアが最新かどうかに関係なく、非常に不良が多いです。代理店にも文句を言っていますが、お客様の持ち込みが不良だったり、仕入品が不良だったり。。。

 ではどの製品を使うの?どうやって不良と相性を見分けるの?というところに一番のノウハウがあります。それ以外はハードディスクと変わりありません。SSDについては常にメーカー、代理店、小売店から情報交換する必要があります。SSDの仕様に関する理論的な話よりも、実践的な市場からのフィードバックが重要です。

 リカバリー領域の移行について、当社では作業料金に含まれています。リカバリーDVDを作成して配布するのは、Panasonicより二次配布は禁止されていますので違法になります。せいぜい、リカバリー領域のバックアップ、復旧が許容範囲と思っています。

 一般のお客様でご自分でLet’s note CF-W2のSSD換装して持ってこられる方もいらっしゃいます。「Let’s note CF-W2のSSD換装はうちしかできない。」と言いながら、他社に尻拭いをさせているようでは笑われてしまいます


2010-12-14
スタッフ日記

同じジャンル

関連情報

コメントを残す