SSDのロットアウト、仕入れ全数不良、全数返品が発生しました。


 

SSDのロットアウト、仕入れ全数不良、全数返品が発生しました。

 PCパーツは同じメーカー、型番の製品であっても、生産ロットの違いによって設計が変わったり、仕様パーツが変わることが良くあります。SSDも例外ではありませんが、怖いのが、それまで問題なく使えていた製品が突然、使えなくなるケースです。仕入れた製品の全数に不良が見つかり、全数返品となるケースが時折、発生します。

 今回も某メーカーのSSDの、ある容量の製品でロットアウトが発生しました。諸事情により、メーカー名、製品名は公開しません。

 複数の製品を検品しているので不良、ロットアウトに気が付きますが、一品だけ購入したユーザーは恐らく、気付かないと思います。相性問題か、PCの不良だと思って諦めるケースが多いかと思います。流通量の多い製品の場合、ロットアウトによって、メーカーが倒れたり、代理店が倒れたり、といった事態にまで発展することがあります。そういうケースを見て来ました。製造コストを下げすぎる結果、品質チェック、品質管理が疎かになりがちです。

 重要なデータを保管するSSDの場合、検品は必須です。
2015-02-13
スタッフ日記【 】

同じジャンル

  • これから増やしていきます!

関連情報

コメントは受け付けていません。