Let’s note 2016年春モデル、どれを買ったら良いか?Windows7モデル復活。


 

Let’s note 2016年春モデル、どれを買ったら良いか?Windows7モデル復活。

本日(2016/1/14)、Let’s noteの2016年春モデルが発表になりました。

 まず良かった点は、Windows 7モデルが復活したことです。Windows XPがサポート終了とのことで、多くの企業がWindows 7に切り替えたのはここ1、2年のことです。その間にWindows 8、Windows 8.1、Windows 10と登場し、ノートパソコン新製品もこれに便乗しましたが、使い勝手が良くない上に安定性も良くないとのことで、ビジネスユーザーは結局、Windows 7のモデルを求めました。Panasonicでは前新製品でWindows 7モデルを用意しましたが品切れとなり、Windows 10モデルの新製品が余る状況となっていました。当社にも、CF-SZ5等のWindows 10モデルをWindows 7にダウングレードする相談が度々ありましたが、安定性の確保の問題から対応を避けていました。Windows 7モデルが復活したことは朗報です

 次に良かった点は、8GBメモリーを実装したHDDモデルが登場したことです。前新製品のHDDモデルは4GBメモリーのみでした。64bit OSを難なく動作させるにはメモリーは最低8GB必要です。4GBメモリーのHDDモデルを購入してSSDに換装する方法もありますが、良いとは言えない状況でした。メモリー不足により、仮想メモリーへの依存度が上がり、SSDに負荷がかかります。ところが8GBメモリーを実装したHDDモデルならば特殊な用途でない限り、問題はありません。高品質、高耐久のSSDに換装するならば実用に耐えうるPCとなります。現時点ではSSDは2TBまで対応可能ですが、将来的には8TBまで行ける見込みです

 注意点はこれまでも度々書いてきましたが、SSDモデルは避けることです。Ultrabook仕様のSSDの1つの前の規格が採用されています。消耗しやすいTLC型のフラッシュメモリーが搭載されているのが一番の難点です。従来のLet’s noteユーザーの使用には耐えられず、度々SSDを交換することになります。速度低下の段階で交換できれば良いですが、データを読めなくなるまで行ってしまったら、ハードディスクとは異なり、データ復旧はほぼ不可となります。

まとめますと、Let’s note 2016年春モデルは、
Windows 7モデル
メモリーは8GB以上
HDDモデル
高品質、大容量SSDに換装
が良いです。

 実際、最近の機種は物理的な破損、特に液晶、天板、フレームの破損が多いです。気が付いたら割れていた。。。というケースが多いです。物理的な耐久性を重視する方々は、厚みのある旧モデル(Windows 7)を入手されたり、倉庫から持ってきたりして使われています。結局、TOUGHBOOKと現行薄型Let’s noteの中間に位置する製品が重宝されています。


 
2016-01-14
未分類【 】

同じジャンル

  • なし

関連情報

  • なし

コメントは受け付けていません。