Let’s note(レッツノート) CF-R8にWindows7 Ultimate(32bit)をインストールしてみました。


 

Let’s note(レッツノート) CF-R8にWindows7 Ultimate(32bit)をインストールしてみました。

 Let’s note CF-R3ではWindows 7の動作は重くて実用性には向かい状況でしたが、
→ Let’s note(レッツノート) CF-R3にWindows 7 Ultimate(32bit)をインストールしてみました。

Let’s note CF-R8にWindows 7 Ultimate(32bit)をインストールしてみたところ、快適に動作しました。CF-R8ではWindows 7モデルが販売されているので当然なのですが。。。

 換装したIntel Link 5350も正常に動作し、内蔵WiMAXも快適に動作しています。

 速度に関しては起動はWindows XPの方が早いですが、シャットダウンはWindows 7の方が早いです。体感的には快適です。Windows XPに慣れている方でアニメーションがうるさいと感じる場合はクラシックモードにすると良いと思います。

 Let’s note CF-R8ではIntel SSD X25M-G2を使っていますが、Windows 7での生成2(SATA 3Gbps転送モード)での測定結果です。

Let’s note CF-R4(Windows 7)のX25-M G2

 何となくWrite(書き込み)の数値が低い様な気がしましたので、Intel SSD X25M-G2のファームウェアを更新してみると、

Let’s note CF-R4(Windows 7)のX25-M G2

 Read(読み込み)の方の数値のみが変化した感じです。数値が大きい程速いです。大体85程度以上になると体感的にかなり速く感じる様になりますが、それ以上になると100も200も区別がつかないです。私は。笑

 毎度のことですが、出たばかりのOSではドライバーやアプリーケーションの対応の問題があります。また若干、バグも見られます。ビジネス用途の場合、Windows 7 SP1(サービスパック)が出てOSが安定する頃まで、Windows 7の導入は待った方が賢明だと思われます。

 SSD換装をご依頼頂けます場合には、Windows 7の導入を承ることも可能です。


2009-12-07
スタッフ日記【 】

同じジャンル

  • なし

関連情報

コメントを残す