綺麗なLet’s note CF-R4のSSD換装を承りました。


【タグ】   

綺麗なLet’s note CF-R4のSSD換装を承りました。

 お客様から持ち込みでLet’s note CF-R4のSSD換装を承りました。

 当社を選んで下さったポイントは、やはりプチフリなしのSSD換装でした。サテライトステーションでは難しくても、当社では可能です。

 今回のお持込みされたLet’s note CF-R4は見た目も綺麗で、見るからにとても大事にされているパソコンでした。CF-R4を起動させてみると、アイコンもデスクトップも他では見たことがないほど凝ったものでした。内蔵されていたハードディスクも故障箇所があるかチェックしてみましたが、リードセクターエラーなんて全くありません。

 Let’s noteの場合、このような愛好家が多いです。旧機種を何年も大事に使い、なかなか新しいパソコンに買い換えないので、Panasonicも大変では?と思うかもしれません。しかし、このようなお客様は決まって必ず、次に買い換えるパソコンもLet’s noteと決めていらっしゃっいます。それでよく、あれこれと新機種のことについて聞かれます。シッカリとした設計、つくりが結果的には大きな信頼となり、お客が離れなくなっています。Panasonicの方針は成功だったと思います。反対に、SONYのVAIOあたりは悲惨ですね。。。

 早速、プチフリのないSSDに換装してデータを移行しました。相当に断片化されてアクセス速度の遅くなっていたハードディスクでしたので、SSDに変わって一気に速度が数倍程度アップすると、見違える程、快適になりました。

 またお客様もとても喜んで下さいました。Windows 7が安定したころにLet’s note CF-Sシリーズを買われるそうです。


同じジャンル

関連情報

コメントを残す