仙台のお客様よりLet’s note CF-R7のSSD交換、キーボード交換を承りました。

仙台のお客様よりLet’s note CF-R7のSSD交換、キーボード交換を承りました。

 仙台のお客様よりお持ち込みでLet’s note CF-R7のSSD換装を承りました。今回はSSDもお持ち込みで、Kingstonの製品でした。正直なところ、アクセス速度は遅く、当社で御依頼を受けた場合にはまず使用することのないタイプでした。

 通常通り、SSDの換装、データ移行、パーティションの変更を行い、内部の清掃と放熱グリースをサービスでさせて頂きました。動作速度はそこそこでしたが、携帯する頻度の多いパソコンにSSDを組み込むことは物理的な衝撃による故障によるデータロスが避けられる点で大きなメリットがあります。お客様はご満足の様子で、雑談に花が咲きました。

 数日後、SSDの調子は良いが、キーボードのF2キーがおかしいとの連絡を受け、CF-R7が当社まで送られてきました。キートップを確認したところ、機構部分の一部が欠けていました。またキートップが乗る土台部分を見ると、薬品で溶けたかの如くにいびつな状態になっていました。このままキートップを交換しても、すぐに同じ状態に壊れてしまうことが想像できました。

 お客様に尋ねてみましたところ、薬品、溶剤等をこぼした事はないとのことでした。よく確認してみると、どうもキーボードの土台部分が成形不良品であることが判明しました。こういうこともあるのか。。。と、とても驚きました。今回は中古のキーボードで交換対応させて頂きました。在庫がある場合は、中古キーボードで交換対応することも可能です。


同じジャンル

関連情報

コメントを残す