岐阜のお客様よりMacBook Air初期型のSSD換装を承り、即日発送致しました。

岐阜のお客様よりMacBook Air初期型のSSD換装を承り、即日発送致しました。

 ここのところ、忙しさにかまけてスタッフ日記はご無沙汰していました。ネタがたまりっぱなしです。

 本日は岐阜のお客様よりMacBook Air初期型のSSD換装を承りました。最近、医療系の会社よりMacBookのご依頼を頂くことが少なくないです。

MacBook Air

 ますハードディスクを取り出してSSDにデータを移します。MacBook AirのハードディスクのコネクターはZIFタイプです。ZIFタイプからZIFタイプにデータを移行する環境を持っている方は少ないと思います。

 データを移している間にサービスで内部の清掃をさせて頂きました。ホコリを綺麗にとり、ファンもホコリ1つ見えない位まで掃除させて頂きました。

 データが移し終わったらパーティションを調整致します。

 言葉で書くと簡単ですが、難しいポイントがいくつもあります。

 まずはSSDの選択です。MacBook Airは非常にシビアで、コネクター形状が合っていても正常に動作しないSSDがたくさんあります。動作するSSDのメーカー、機種を知っておく必要があります

 またSSDは不良が出やすいパーツなので動作検証をきちんと行うことも大事で、もし問題があったならばメーカーの保証期間内にすばやく交換もしくは修理対応してもらうことも重要です。決して安いパーツではないので。

 それからZIFタイプのハードディスク、SSDですが、とても繊細で壊しやすい部分があります。不慣れな方でよく壊してしまうケースを見かけます。

 またハードディスクやSSDとマザーボードをつなぐのはフレキシブルケーブルですが、これもまた壊してしまう方がいらっしゃいます

MacBook AirのHDDフレキシブルケーブル

 MacBook Airは繊細でデリケートなので、特に注意すべきところは押さえておかなけれないけません。

 こんな感じでSSD換装を行うとですが、ハードディスクと比べてかなり動作は快適になります。何よりも音が静かです。


 

同じジャンル

関連情報

コメントを残す