Panasonic Let’s Note(レッツノート) CF-W2をSSD換装致しました。


【タグ】   

Panasonic Let’s Note(レッツノート) CF-W2をSSD換装致しました。

 京都のお客様から、とても大事に使われていると思われる綺麗なPanasonic Let’s Note(レッツノート) CF-W2が送られてきました。ハードディスクから64G SSDに換装するご依頼を承りました。

CF-W2

 CF-W2のハードディスクをSSDに換装する作業はとても時間と手間がかかります。SSDですが、そのままハードディスクと入れ替えても動作しません。今回の仕事は以外と難しく、おそらく出来る業者もまだ少ないと思われます。

 CF-W2のハードディスクは5V Motor(駆動)、3.3V Logic(基板)タイプのハードディスクを搭載しています。この手の低電圧系に通常の5Vタイプのハードディスクに換装する場合、いわゆる「ピン折り」という方法を使います。しかしCF-W2の場合、ピン折りだけではダメです。そう簡単には行きません。

 「おまじない」とか言って電源を2回連続で入れさせるようなことを言っているSSD換装業者もいますが、そういうところは情報力も技術力もないインチキです。そんな事をしていれば、そのうちパソコンを壊します。要注意です!

 現段階でCrystal Disk Markで計測すると、6年前に発売されたパソコンでは思えない位の快適さで正直、驚きました。高価なG-Monster IDE V2よりも良い結果です。

 10万円出してハードディスク搭載の新しいパソコンを買うよりは、5万円出してSSDに換装した方がCP(コストパフォーマンス)が高いです!さらに落としても壊れないし、省電力でバッテリーの持ちも良くなるし、エコときたら言うことなしです。


同じジャンル

関連情報

コメントを残す