リピーターさんよりブルースクリーンエラーの出るLet’s note CF-T2の修理を承りました。


 

リピーターさんよりブルースクリーンエラーの出るLet’s note CF-T2の修理を承りました。

 以前、SSD換装、1GBメモリー増設を承りましたリピーターさんより、Let’s note CF-T2がブルースクリーンのエラーが出て起動できなくなってしまったとご連絡を頂きました。ブルースクリーンのエラーが出るケースは様々ですが、CF-T2をお預かりして診断させて頂きましたところ、マザーボード、オンボードメモリーが故障していました。この様なケースではマザーボード上の電源回路が消耗、故障し、出力が異常になっていることが多く、連鎖的にいくつかの周辺機器が故障する場合も見られますが、1GB増設メモリーとSSDは無事でした。

 Let’s note CF-T2のOSは来年にサポートが終了するWindows XPでした。Windows XP上で開発されたアプリケーションを使わなければならないというお客様は少なくなく、相変わらず、Windows XP時代のノートパソコンのSSD換装や修理のご依頼は多いです。不況な今日、Windows 7ベースのアプリケーションを開発する予算のあるところは多くないです。空港、航空会社のチェックイン端末等ですら、Windows XPベースだったりします。今回のお客様もそのようなケースの様で、マザーボード交換のご依頼を承りました。

 Let’s note CF-T2が復活し、これまでの環境もそのまま使えるようになりました。10年位前のPCですが、今は無き、貴重なファンレスノートPCです。軽くて静かです。


 
2013-04-11
未分類【 】

同じジャンル

  • なし

関連情報

  • なし

コメントは受け付けていません。