兵庫のお客様より、Let’s note CF-R7のSSD換装、Windows 7導入を承りました。

兵庫のお客様より、Let’s note CF-R7のSSD換装、Windows 7導入を承りました。

 ここのところ、Let’s noteのCF-RシリーズのSSD換装のご依頼が続いています。最近のPCの傾向とは異なり、厚みはありますが、携帯されることを前提に設計されているのでかなり丈夫です。LED液晶の走りで、バックライト切れ、液晶焼けはなく、しかも縦長のスクエア液晶です。景気の良い、開発予算のかけられる時代の製品なので、今ではありえない様な贅沢な作りがいくつも見られます。そのことを知っているユーザーの方々は、いまだに大事に愛用されているわけです。

 このCF-RシリーズのSSD換装については、あちこちで断られるとお客様から聞いています。分解できない、SSD換装しても早くならない。。。などの理由が挙げられている様です。当社では、SSD換装し、Windows 7を導入するならば、快適に利用できると断言し、対応しています。また多少、元を掛けても、採算の合う、投資する価値のある数少ないPCのうちの1つだと考えています。現状で、この機種の代替機種はありません。当社でも、CF-Rシリーズは現役で活躍しています。これまでも数多く、その都度、ビジネス用途に耐えられる様にSSD換装を行ってきましたが、特にトラブルの話はありません。

 今回のお客様は資料の作成はCF-R7で行い、閲覧はiPadという利用方法をされていましたが、とても快適に動いていると喜ばれていました。確かに新製品の方がCPUの性能は高いですが、それ以外の点の多くで、旧機種の方が優れているということが少なくないです。要するに、新しいから良いとは限らないわけです。この手の小型PCの場合、行う作業は限定されるのが前提としてあるので、最新のCPUの性能は持て余していることがほとんどです。やはり、耐久性が一番重要かと思います。


  

同じジャンル

関連情報

コメントは受け付けていません。