ブルースクリーンエラーの修復(Let’s note CF-RZ4のSSD交換)


【タグ】   

ブルースクリーンエラーの修復(Let’s note CF-RZ4のSSD交換)

 都内のお客様より、Panasonic StoreモデルのLet’s note CF-RZ4をお預かりしました。頻繁にブルースクリーンエラーが出るとのことでした。

 ここのところ、同様の相談は多いですが、原因はSSDにあります。TLC型の低品質なSSDが採用されているので、早い人で半年、多くのユーザーは1年半から2年使うと症状が現れています。今回のお客様も、もう少し長くもってくれるといいのだけれど。。。と話されていました。会計上の4年償却までもたないことが多いのです。

 Let’s note CF-RZシリーズは軽量なので女性に愛用されているのを見かけますが、耐久性が低くく、壊れやすいのが難点です。今回のCF-RZ4は2年間の使用で本体が歪み、足がガタガタしていました。天板割れもよく見かけます。PCを酷使するビジネスマン、海外出張には向きません。壊れないように注意して使用することが大事です。

 ブルースクリーンエラーは容量の大きいSSDに交換し、調整をかけて修復しました。


 

同じジャンル

関連情報

コメントは受け付けていません。