RAID機能付の外付けHDDケースのデータロスに注意


 

RAID機能付の外付けHDDケースのデータロスに注意

 リピーターさんより、RAID機能付の外付けHDDケースに既存のハードディスクを取り付けたところ、データにアクセスが出来なくなってしまったとのことでした。RAID機能は使用せず、ディスク単体モードにしたということでした。

 ハードディスクを拝見しましたところ、データ構造は壊れ、パーティションは喪失していました。いわゆる「論理的故障」というものです。ですが、お客様が必要とする写真のデータは無事に回収することが出来ました。

 今回のケースでは、元のハードディスクは使用時間もかなり長く、いつ消耗、故障してもおかしくない状況だったので、RAID機能付の外付けHDDケースには新しいハードディスクを挿し、環境を構築し、それから旧ハードディスクからデータをコピーし、旧ハードディスクはバックアップの予備として保管しておくのが良かったのではないかと思いました。

 やはり何よりも重要なのは、データのバックアップです。

 データのバックアップ、管理のコツ等は、ご依頼を頂いたお客様、コンサルタント契約を結んでいるお客様には色々とお話しています。
2014-05-04
未分類【 】

同じジャンル

  • なし

関連情報

  • なし

コメントは受け付けていません。